コロナバブルはいつ崩壊するのか?

2021年8月アメリカ経済の道筋が決まる

経済学

Olympicsも終了し、円高の夏と言われて久しいですが、全く円高方向に進まない為替。オリンピックによる円需要も少なく、また日本企業が円に戻さなかった事も大きな原因です。

そんな中で、ここ1か月では何度も

2023年米国テーパリング開始か

という記事が多数出稿されています。

これはFRBの理事もゼロ金利政策の終焉を強く求め始めているという事から、FRB Chairにも大きな圧力となっているのでしょう。

Bloomberg調査によるエコノミスト51名の利率と時期の予想

0 %
2021年12月
0 %
2022年6月
0 %
2022年12月
0 %
2023年6月
0 %
2023年12月
0 %
2024年06月
0 %
2024年12月

やはり上昇率は非常に緩やか

FRBは2013年にテーパリングを急激にし過ぎて失敗をしています。

今回はエコノミストの予測は非常に緩やかで、2013年の失敗を繰り返さない為の処置が、徐々にレートを上昇させていくという方法です。

しかし懸念としては、アメリカの経済や賃金と物価の上昇が想定外以上なので、このレートの上昇でインフレに追いつけるのかという疑問です。

この速度よりもかなり早く利息が高まる可能性もあります。

しかしパウエル議長は非常にハトでしたので、今後はどのような鳥類に進化を遂げるのか見ものです。

 

新興国通貨は徐々に逃避。アメリカへか?

テーパリングが早まる可能性が高くなった今、新興国通貨は徐々に値段を下げています。

ただし一時的となる可能性も高いです。

そこまでテーパリングの速度が高くない事。アメリカ経済の恩恵が外国に渡り始めれば、結局新興国も利息を上げざるを得ない時がやってきます。

その点を見つめ、再投資の場所を探す日々になる事でしょう。

関連記事

タイトルとURLをコピーしました