コロナバブルはいつ崩壊するのか?

コロナバブルはいつ崩壊するのか?

長期投資

 

2021年3月に入りました。

週末前に大幅下落をした株式市場も、1日過ぎた現在回復基調にあります。

週末を含めいくつもの著名人が楽しそうに「ついにバブル崩壊!」といった記事を投稿していました。

今回紹介するバフェット太郎さんは、そういうバブル崩壊祭りとは違った角度から、まだバブル崩壊ではなく、今後に崩壊すると思われる時期について言及をされています。

 

コロナバブルが崩壊すると思われるトリガーを分かりやすく説明してくれるバフェット太郎さんの映像

個人投資家として必要な金融知識は

短期金利・長期金利・名目金利・実質金利・インフレ期待率

最低限これらは定義を含め知っておくべきです。

この単語を覚えておくと、今回のバフェット太郎さんの映像や、その他毎日Google chromeで紹介される金融系記事の理解は深まります。

コロナバブルが崩壊する理由

バブル相場こそ資産を一気に増やせる時期なので、なるべく資産を持つべき。

ですがバブルは必ず弾けるので、その時期を考え、さらにセクターについても解説。

長短金利差の拡大がコロナバブルが崩壊するタイミングを教えてくれる

長短金利差とは

米国10年国債利回りー米国3か月国債利回り

10 year treasury constant maturity – 3 month treasury constant maturity

上記がマイナスからプラスに転じた直後にリセッションが訪れる

2021年現在は

1.6-0=1.6なのでプラスに転じている。

銀行の調達金利=短期金利
銀行の貸付金利=長期金利

 

長短金利差がマイナスになると

0.05%(短期)←銀行←0.03%(長期)=銀行が逆に-0.02%の損失

なので、銀行が貸付を止め、経済がリセッションに入る

 

長期金利がプラスになると

預金者←銀行←貸付先

0.05 ←銀行←1.3=1.25%が銀行の収益

銀行の貸付も始まり、経済が回り始める

長短金利差の急上昇

2001年と2008年に共に急上昇しています。今回の2021年も1.6%へは比較的急上昇では無かったのではないでしょうか。

リセッション局面の中盤

2001年はリセッション中盤以降に長短金利差が3%に到達し、株価が一気に下降しました。

長短金利差が3%を上回った後に、更に下げ幅を広げた場合

2008年は、長短金利差が一気に上昇し、株価が下落。

さらに金利差が3%に到達した際に一気にナイアガラフォールでした。

長短金利差のトレンドは崩れる事が無い

多少のジグザグはあるものの、一度上昇や下降を始めると終焉するまではトレンドが継続します。

つまり、現在は約1.5%の開きまで上昇したので、恐らく3%まで多少のジグザグを交えながら上昇を続け、3%付近になったら株価が暴落を始めるのでは?

という内容です。

足元での長期金利急騰により、高PER株の多いハイテク株は、近い将来急落する可能性がある

長期金利とPERなどの株式のバリュエーションは、シーソーの逆相関関係。

どちらかが上がり、どちらかが下がる。

長期金利の急騰が止まった際に、ハイテク株が復活する傾向。目先の調整局面は絶好の買い場になる

コロナ後の世界の株式

ここ数年は高PER株が多いハイテク株などのグロース株よりも、バリュー株が強くなる公算が大きい。

そのトレンドは、7年~14年続いている

 

 

 

関連記事

タイトルとURLをコピーしました