ドル円は105円を突破後に支えられる。金曜日の雇用統計(Unemployment rate)まで様子見 | 国際金融The Road to Financial Freedom:米国留学会計学金融その後
コロナバブルはいつ崩壊するのか?

ドル円は105円を突破後に支えられる。金曜日の雇用統計(Unemployment rate)まで様子見

長期投資

1月に入ってからドル円はドル高にかなり傾いています。

今後3月の日本企業決算に向けて円に戻される懸念もありますが、少なくとも現状ではドルが買い戻されている状況です。

そして2月4日木曜日本日はドル高の流れが予測されます。2月5日金曜日が米国の雇用統計が発表されるので、それまでにある程度のドル高、そしてポジション決済にて多少下がるのではないでしょうか。

雇用統計発表後のドル円

その後、失業率などの重要項目の数字により、ドル高加速、もしくは現状体の維持が予測されます

また、ドル高傾向によってドルが買い戻されているわけですが、ドルを保有するのが目的ではなくドルにて資産を買う動きです。

BitcoinやWTI原油も上昇を開始。

この流れがいつまで続くのか。

現状は中国コロナとバイデン氏の経済対策をじっくりと見ていく必要があります。

タイトルとURLをコピーしました